So-net無料ブログ作成

大人の修学旅行 6「鹿児島 仙厳園」 [九州の旅2019]

指宿に宿泊し、知覧、枕崎を回ってから再び鹿児島市内に戻りました。ここにも多くの観光名所があり、出来ることならもう数日間滞在していたいと思いました。

桜島が間近に見られる仙厳園に行きました。1658年、薩摩藩主、島津家19代光久が構えた島津家の別邸ですが、その広さに驚きました。桜島を築山に、錦江湾を池に見立てたという広大な庭園は、何と一万五千坪の広さだそうです。
この庭園の中には、28代島津斉彬が鉄製大砲の鋳造のために築いた反射炉跡や水力発電用ダム跡もあり、庭園だけでなく、その時代の先端技術を取り入れた建造物が沢山残されていました。

どの場所からも桜島がよく見えました。春と初夏が一緒に来たような庭園の植物はていねいに手入れがされていて、一日中、ここにいたいような気持ちになりました。

仙厳園から見た桜島
仙厳園から見た桜島

ブログランキングへ参加しています。
クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域