So-net無料ブログ作成

牛革の作品 2 [牛革]

それぞれの革を湿らせ、図案を入れてから彫りました。
彫るための工具の入れ方もゴートのときとは少し違って、打つ角度や強さをより一定にしないと、跡が変わってしまうので注意しながら作業をしました。牛革でもソフトな鞣しで仕上げてあるので、思っていたより彫りがきれいに出来ました。革を湿らせたときにすっと水分を吸収してくれるので染めもうまくいきそうに思えました。

牛革で制作中「ザトウクジラの免許証入れ」
水刷毛で湿らせてから部分染め

彫っているときに革が含んでいた水分を一旦乾かしてます。もう一度革全体を水刷毛で湿らせてから部分染めをしました。

牛革で制作中「ザトウクジラの免許証入れ
牛革を部分染め「ザトウクジラの免許証入れ」

ブログランキングへ参加しています。
クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


nice!(0)  コメント(0)