So-net無料ブログ作成

金沢の菓子 [北陸の旅2018]

金沢には気になる和菓子や洋菓子が沢山ありました。その中のいくつかは金沢の町で買い、宿泊した宿でゆっくり頂きました。

金沢では味見できなかったのですが、本で見た「紙ふうせん」という菓子がずっと気になっていました。昨日、偶然に横浜の百貨店でその菓子が並べられているのを見ました。しかも冬限定の味と書かれていました。やはりこの菓子とは縁があるのだと、勝手に思い込み、買ってきました。

「菓匠 高木屋」の「紙ふうせん」
「菓匠 高木屋」の「紙ふうせん」

「菓匠 高木屋」という店の「紙ふうせん」。箱を開けるとまん丸の小さな最中が9個並んでいました。最中をそっと切り開いてみると、その中には小さな砂糖菓子のような和風ゼリーが入っていました。サクサク、シャリシャリという食感で何とも言えないほのかな甘さの菓子でした。小さな手間をかけた逸品です。

中には小さな砂糖菓子のような和風ゼリー(錦玉)が入っていました
中には小さな砂糖菓子のような
和風ゼリー(錦玉)が入っていました

箱の中には5色の折り紙が菓子のしおりとして、綺麗に並べてありました。紙には紙風船の折り方が書かれていました。 小さな菓子ですが、「ゆったりした時」も包み込まれているようで、誰かに教えてあげたくなりました。

5色の折り紙で紙風船を折りました
5色の折り紙で紙風船を折りました

ブログランキングへ参加しています。
クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。