So-net無料ブログ作成
神奈川散歩 ブログトップ
前の10件 | -

湘南西脇画廊 第11回大工・齋藤 登 展 [神奈川散歩]

以前からずっと気になっていた画廊があります。
小田急線鵠沼海岸駅近くの静かな住宅地にある「湘南西脇画廊です。この画廊のホームページを時々見ていました。なかなか行く機会がありませんでしたが、9月22日(金)、朝から曇り空で、午後からは雨が降リ出す天気予報でしたが、急に思いたって行ってみることにしました。

10月1日(日)まで「大工・齋藤 登」展が開催されていました。昨年もこの方の個展が気になっていましたが、法事や墓参りで丸1日ゆっくりと空けられず、とうとう行くことができませんでした。 久しぶりに藤沢駅から小田急線に乗り換えて、鵠沼海岸で降りました。改札を出てすぐに右に曲がり、道なりに行くと、踏切がありました。その踏切を渡るとすぐに画廊の看板が目にはいりました。とても大きな画廊を想像していましたが、細い道沿いにある、落ち着いた佇まいの画廊でした。

にこやかに画廊の西脇さんが迎えてくれました。見事な屋久杉のダイニングテーブル、飾り棚、チェスト、額縁や一輪ざしなど丁寧に作られた作品が展示されていました。ひとつひとつゆっくりと見ました。どの作品からも木に対する齋藤さんの愛情が感じられました。木目を生かし、形を生かし、ぬくもりのあるものでした。大工さんでありながら、家具職人さんでもあり、この方の建てる家は一体どんな素晴らしい家なのだろうと考えずにはいられませんでした。作品に付けられた価格も良心的で、これだけの手間をかけているのに・・・と思いました。木を生かし、大切に使って欲しいという齋藤さんの想いが伝わってくるような個展でした。

第11回大工・齋藤 登 展
湘南西脇画廊

工房ゆんたく facebook
工房ゆんたく Twitter

ブログランキングへ参加しています。
1日1回、クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


nice!(0)  コメント(0) 

鎌倉由比ヶ浜 菊一伊助商店 6 [神奈川散歩]

革包丁の研ぎ 2

革包丁4本を研ぎに出してからわずか4日で研ぎを終えた革包丁が自宅に届きました。以前自分で研いで、斜めになってしまっていた包丁もすっかり元通りに直っていました。
革を切ると、ほんの少しの力ですっと切れました。革の端を手スキですいてみると、革に吸い付くような感触で綺麗にすくことが出来ました。

革包丁

工房ゆんたく facebook
工房ゆんたく Twitter

ブログランキングへ参加しています。
1日1回、クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


nice!(0)  コメント(0) 

鎌倉由比ヶ浜 菊一伊助商店 5 [神奈川散歩]

革包丁の研ぎ 1

30年近く使った革包丁4本を研ぎ職人さんのいる、鎌倉由比ヶ浜の「菊一伊助商店」に出しました。
これまでは少し敷居が高く、高価でもない普通の革包丁を研ぎに出すことをためらって家人に研いでもらっていました。
研ぎが出来次第、自宅に送ってもらうことにしました。包丁が届く間に革商品の染めを完成しようと思います。

工房ゆんたく facebook
工房ゆんたく Twitter

ブログランキングへ参加しています。
1日1回、クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


nice!(0)  コメント(0) 

鎌倉由比ヶ浜 菊一伊助商店 4 [神奈川散歩]

革スキ機の刃物の研ぎ

革スキ機の刃物部分の切れ味が悪くなり、革が綺麗に剥けなくなってきました。以前は交換のような形で、かなり高めの研ぎ代でした
包丁を購入したときに、刃の部分を機械から外して持って行きました。菊一のご主人に見てもらうと、「大丈夫、研げる。刃こぼれもしているから直そう。」と言って引き受けて下さいました。
革スキ機の刃の部分を研ぎに出し、戻ってきた刃を革スキ機に取り付けました。
イルカのペンケースにマチを付けるにはマチにスキを入れなければできません。マチをローラーと刃の部分に差し込み、スキを入れました。
見事に美しいスキができました。小さな家庭用のスキ機ですが、愛着があり新たなものと交換できずにいました。菊一さんの研ぎのおかげで革スキ機が生まれ変わりました
※革スキ機とは、革を薄く加工する道具です。

工房ゆんたく facebook
工房ゆんたく Twitter

ブログランキングへ参加しています。
1日1回、クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


nice!(0)  コメント(0) 

鎌倉由比ヶ浜 菊一伊助商店 3 [神奈川散歩]

「菊一伊助商店」の包丁

7月に「菊一伊助商店」で刃渡り24㎝の洋包丁を買いました。菊一さんで仕上げの研ぎをしていただき、早速使い始めました。毎日の食事を作るのが楽しくなりました。包丁が切れると野菜をやたらと千切りにしたくなります。すっと切れるトマト、キャベツの千切りが以前より細く綺麗になったように思うのは自画自賛なのでしょうか・・・。
包丁入れも新調し、年月と共に古くなってきてしまった台所ですが、こまめに掃除をして、ここでの時間を楽しみたいと思います。

工房ゆんたく facebook
工房ゆんたく Twitter

ブログランキングへ参加しています。
1日1回、クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


nice!(0)  コメント(0) 

鎌倉由比ヶ浜 菊一伊助商店 2 [神奈川散歩]

再び「菊一」に行きました。これまで使っていた24㎝の洋包丁と同じ長さのもので商品を選ぶことにしました。手ごろな価格から工芸品のような高価なものまで、多くの種類の中から自分で選ぶのは難しく、店のご主人に自分の希望を伝えました。錆びにくく、研ぎもでき、調理専門の人も使っているという包丁を選んでもらいました。
ご主人は、「研ぐから」といって、箱に入っていた包丁を取り出し、店の中にある研場へ包丁を持っていきました。初めてのことなのでよくわからずにいると、「刃物は陳列されている未使用の状態がベストなのではなく、研いで初めてベストな状態になる。」と教えてくれました。
こういうふうにして買ったことがなかったので、なんだかうれしかったです。「刃物の質も大事だけれどどんなに高価な商品でも研ぎがきちんとしていなければだめだ。」と、買う側の立場に立って商品を選んでくれました。24㎝の洋包丁10,500円、小魚をおろす小ぶりの出刃包丁10,000円を買いました。残りの人生美味しいものを作り続けたくなる包丁を手に入れることができました。

工房ゆんたく facebook
工房ゆんたく Twitter

ブログランキングへ参加しています。
1日1回、クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


鎌倉由比ヶ浜 菊一伊助商店 1 [神奈川散歩]

30年ほど使った洋包丁の柄と柄の部分の鋼が錆びてもろくなったきました。修理をしてくれるところを探して、鎌倉に行きました。「菊一」は明治35年に横浜で創業し、100余りの歴史を持つ店です。鎌倉の由比ヶ浜に店を構えて十数年になるそうです。
店のご主人は、修理の方法を丁寧に教えてくれました。店には色々な刃物が陳列され、価格も手ごろなものから高価なものまで取りそろえていました。その日は話を聞いて帰りました。
数日間考えて、修理代をかけて直すのではなくて、その修理費にプラスして新しい物を購入しようと思いました。30年前買った24㎝の洋包丁でちょっと調理人になった気分で、料理をするのが楽しくなりました。これから先、あとどの位の時間があるのかわからないですが、新たな気持ちで料理をするために包丁を新調しようと決めました。

工房ゆんたく facebook
工房ゆんたく Twitter

ブログランキングへ参加しています。
1日1回、クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


鎌倉つばき(ミニタオル・布小物の店) [神奈川散歩]

十数年前、横須賀市にある百貨店「さいか屋」で、鎌倉の流鏑馬や静御前の柄を刺繍してある小さなタオルを見つけました。期間限定で出店していた「つばき」という店のものでした。何枚か購入してみました。タオルの質も刺繍の技術も良く、とても気に入って長い間使いました。友だちにもプレゼントしたり、外国の友人にも送ったりしていました。鎌倉の小町通りの和服店や八幡宮に置いてあったのですが、しばらくして見かけなくなってしまい、とても残念に思っていました。
先日、久しぶりに鎌倉へ行きました。鎌倉の表通りを避けて、静かな小道を歩くのが好きです。その道沿いに古くからある家並みを見るとほっとします。手造りの工房を見たりした後、鶴ヶ岡八幡宮へ続く道を歩いていると、新しく出来た小さな店がありました。店を覗いてみて驚きました。あの懐かしい刺繍のタオルが沢山並んでいました。店に入ると、十数年前に会った優しい笑顔のオーナーが出迎えてくれました。この場所に店を出すまでの話を伺ったり、新商品の紹介をして頂いたり、楽しい時を過ごしました。
数日後に会う約束をしている友人達に、またタオルを贈り物用に包装してもらいました。

「鎌倉つばき」のギフトセット
「鎌倉つばき」のギフトセット

「鎌倉つばき」のミニタオル
「鎌倉つばき」のミニタオル

「鎌倉つばき」
鎌倉市雪ノ下3-2-6

工房ゆんたく facebook
工房ゆんたく Twitter

ブログランキングへ参加しています。
1日1回、クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


楽しい時間 2 [神奈川散歩]

逗子海岸から江ノ島沖に富士山を望む

逗子海岸から江ノ島沖に富士山が見えます。子どもの頃、夏になるとこの海岸へ泳ぎに来ていました。遠浅の海はどこまで行っても子どもには安全な海でした。その頃だって富士山は今と同じように見えていたはずなのに、記憶の中にその景色がありませんでした。
冬の季節になると、こんなに美しい景色が見られます。私の中にある海辺の景色は、いつもこの景色だったことに気づきました。

この景色と共に、マハトマ・ガンディーさんの力強い言葉を今年もしっかり心に留めておきたいと思います。 Live as if you were to die tomorrow.
Learn as if you were to live forever.
(明日死ぬつもりで生き、永遠に生きるつもりで学べ)

工房ゆんたく facebook
工房ゆんたく Twitter

ブログランキングへ参加しています。
1日1回、クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


茅ヶ崎市美術館 [神奈川散歩]

茅ヶ崎駅南口から高砂通りを歩いて行くと、美しくりっぱな松林が見えてきました。美術館の門を入ると、手入れの行き届いた庭園が広がり、曲がりくねった小道の先に美術館の建物が見えてきました。
この場所はかつて明治時代の新劇俳優川上音二郎と貞奴夫妻の居宅があり、その後、実業家の原安二郎の別荘として使われていたそうです。平成10年4月に「高砂緑地」としてこの景観が残され、その中に茅ヶ崎市美術館が出来ました。
子どもの頃、叔母に連れられ東海岸という住所のある場所を思い出しました。広い庭のある大きな家々の景色に驚いたところでした。古き良き時代を思い起こさせてくれる場所や建物が、丁寧に残され、守られているのを見ると、心がほっとします。

茅ヶ崎市美術館

工房ゆんたく facebook
工房ゆんたく Twitter

ブログランキングへ参加しています。
1日1回、クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


前の10件 | - 神奈川散歩 ブログトップ