So-net無料ブログ作成

益子焼3 「とよだ民芸店」の器 [益子]

真岡鉄道益子駅から益子焼窯元共販センターへと続く城内坂通りからさらに里山通りを歩き、道祖土という場所に向かいました。信号を隔てた道路の向かいに「とよだ民芸店」という益子焼の店がありました。案内の地図に書かれていた、「人間国宝他、良い作品豊富・・」という文が気になって店を探して訪ねてみました。
益子焼で有名な方々の作品はもちろん、沖縄の金城次郎、版画家の棟方志功の作品もあり、美術館のような感じでしたが、店を切り盛りされている豊田さんはとても気さくな優しいお母さんでした。古くから使われている益子独特の釉薬を使った器が沢山並べられ、以前別のところで購入した六角形の皿を見たときは、旧友に会ったような懐かしさが込み上げてきました。
サンマのような長さのある焼き魚をのせる長方形の皿を捜していましたが、ちょっとしたオードブルをのせられそうな長さの皿を見つけました。他にも松葉の柄のモダンな小皿、黒地に茶色の力強い筆づかいが印象的な小皿も購入しました。
器が新しくなると、料理作りもなぜか気合いと心を込めて作りたくなります。心を込めて作って下さった益子焼作家の方々に感謝をしつつ、今日もまた夕食の準備に取り掛かかります。

益子焼
「とよだ民芸店」で購入した器

ブログランキングへ参加しています。
1日1回、クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく

-------------------- P R --------------------

Amazonで益子焼を検索 >>


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

益子焼2 「工房ふくしま」の器 [益子]

益子焼
「工房ふくしま」の器

真岡鉄道益子駅から益子焼窯元共販センターへと続く城内坂通りには、多くの益子焼を扱う店があります。一軒一軒集められたやきものが個性的で、時間をかけてゆっくり見て歩きました。
多くの店が集まるこの通りで一番心引かれたのは、「工房ふくしま」の器でした。繊細な筆づかいと色づかい、手の込んだ模様が頭から離れませんでした。飯茶碗、小皿、蓋付きの二段重ねの器を購入しました。手間をかけているのに価格も手頃で、買う側にとってはとてもありがたい品物でした。
自宅に戻り、早速使ってみました。ご飯を茶碗によそって器を持つと、その器の丸みが手になじみました。ご飯を食べ終わると小さな鳥の図柄が表れ、作者の優しい心遣いが感じられました。さらにその鳥の足を描いた筆づかいに感動しました。

益子焼
ご飯茶碗の小さな鳥

ブログランキングへ参加しています。
1日1回、クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく

-------------------- P R --------------------

Amazonで益子焼を検索 >>


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

益子焼1 [益子]

梅雨に入る前に食器棚を整理しました。我が家の食器棚にはここ数年のうちに、沖縄で買い求めた器と栃木の益子焼の器が、その大半を占めるようになりました。どちらも厚みがあり、温めた食材が冷めにくいのと独特の釉薬や絵付けの模様が気に入り、毎日好んで使っています。益子へ行ってやきものをじっくり見たいと思いたち、この町で一泊する計画を立てて出かけることにしました。
真岡鉄道益子駅から、益子焼窯元共販センターへと続く城内坂通りには、多くの益子焼を扱う店があります。一軒一軒集められたやきものが個性的で、午前10時頃から4時間くらいをかけて、ゆっくり見て歩きました。かつては茶色と薄緑色の釉薬が多いと思っていましたが、今は若手の人達も伝統の作り方や釉薬の色を工夫して、色々な色や形の器を作っています。益子の温かみを残しながら、色も鮮やかなものになってきていました。

益子焼窯元共販センター
益子焼窯元共販センターの「日本一の大たぬき」

----------------- 今回宿泊した宿 -----------------

益子舘 里山リゾートホテル
すぐ近くに水田があり、夜はカエルの合唱を聴きながら、
滝の流れる露天風呂でゆっくりくつろぎました。
宿で働いている方の応対も心地よく、また訪れたい宿です。

ブログランキングへ参加しています。
1日1回、クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域