So-net無料ブログ作成
伊豆半島 ブログトップ

下田散策 2 [伊豆半島]

山頂から再びロープーウェイで下り、下田駅に戻りました。レンタカーで下田城山公園へ行き、そこの駐車場に車を置いて、下田の町を散策することにしました。以前歩いた干物の小木曽商店から数分の所に了仙寺があります。この寺は、かつて黒船が下田港に来たときにそこからペリーの一行が歩いて来て、日米下田条約を結んだ所だそうです。この寺までの道は、今はペリーロードと呼ばれ、とても綺麗に整備された個性豊かな店が並んでいます。古い町並みと歴史ある建物がうまく調和し、散策にはちょうど良い、素敵な場所でした。
その中に「六部工房」(ろくべこうぼう)という店がありました。多色刷りの美しい手刷り版画が飾られ、店というより、美術展覧会が行われているのかと思えるほど、心惹かれる店でした。 色の数だけ版木を作るという多色刷りの工程がよくわかるような展示がされていました。色だけでなく、版画の中に光が感じられるほど、陰影が美しい作品が店中にあり、どれもこれも欲しくなってしまいました。心に残った4枚の版画はがきを購入しました。

下田「六部工房」の絵葉書

下田「六部工房」の絵葉書
写真立てに入れ、ピアノの上に飾っています。

ブログランキングへ参加しています。
1日1回、クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

下田散策 1 [伊豆半島]

2月15日の大雪の中、どうしても行かなければならない用事で下田へ行きました。大雪のためにバスも鉄道のダイヤも全くめどが立たず、予約しておいた特急もすべて運休という中、普通列車を乗り継いで6時間半もかかってようやく下田に着きました。横須賀を出て、茅ヶ崎、平塚辺りまでは、とんでもない雪の量でしたが、熱海からはほとんど雪もなく、下田は晴れていて、春のようでした。
翌日16日は快晴で気温も高く、昨日の悪天候がうそのようでした。帰りの予約した電車まで時間があったので、3年ぶりの下田観光をしました。
まずは、下田ロープーウェイ乗り場へ。今まで何度も行きたかったのですが、いつも曇りだったり、雨だったりで一度も行ったことがなかった寝姿山山頂へ行きました。この日は雲一つなく、澄み切った青空で遠くの島までよく見えました。伊豆大島の山頂には雪が残り、今まで見てきた大島とは違う美しい景色に驚きました。隣に三角岩のような形の利島、その後方に新島、三宅島、御蔵島、式根島、神津島と、地図でしか知らなかった伊豆の島々をゆっくり見ることが出来ました。山頂にある公園内には、日本最初の商業写真家「下岡蓮杖」の記念館があり、訪ねてみました。
1823年下田仲原町に生まれた下岡蓮杖は、16才の時、狩野派の門弟となり絵師になった後、師である狩野董川の代理で島津藩下屋敷に行ったときに、そこで初めて銀板写真を見せられ、写真術の習得をしたそうです。
その後40才ころには横浜に出て店を借り、日本人として最初の営業写真家として商売を始めたと記されていました。
いつの時代にも目新しいことに心惹かれ、自分の心の赴くままに動いていける人が歴史に残る仕事をしていくのだと感じました。

ブログランキングへ参加しています。
1日1回、クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
伊豆半島 ブログトップ