So-net無料ブログ作成

埼玉県小川町~秩父市の酒蔵 3 [埼玉の旅2017]

秩父の銘酒「イチローズモルト」

日本で造られているウイスキーの記事を新聞で読んだことがあります。
秩父神社を参拝した後、すぐ近くの商店街の入り口に酒屋がありました。その店先に置かれた樽の上に「イチローズモルト」の張り紙を見つけました。その名前で、あの時の新聞記事の話を思い出しました。ご実家の造り酒屋(昨日ご紹介した秩父の酒蔵、肥土酒造本家)でウイスキーの醸造を始められた肥土伊知郎(あくといちろう)さんは、ご実家の栄枯盛衰の中、熟成中の原酒を守り抜き、秩父に小さな蒸留所「ベンチャーウイスキー」を立ち上げました。海外で数々の賞を獲得し、ジャパニーズウイスキーとして世界の注目を集めるようになりました。
ベンチャーウイスキー「イチローズモルト」では、複数の蒸留所のモルトをブレンドしたブレンデッド・ウイスキー、一つの蒸留所のモルトウイスキーだけををブレンドしたシングルモルトウイスキー、一つの樽で熟成されたモルトウイスキーだけで作られるシングルカスクウイスキーなど、それぞれの原酒を生かしたウイスキーが造られています。
商店街の酒屋で購入出来たのは、モルトとグレーンをブレンドした、ブレンデッド・ウイスキー「イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル」です。モルトとグレーンのバランスの取れた、コクと甘さのある、味わい深いウイスキーでした。

イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル
「イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル」
ワールド ブレンデッド ウイスキー

イチローズモルト&グレーン ホワイトラベル
瓶裏の説明文

この記事は、下記のサイトを参考にさせて頂きました。
夢我人|モルトへの情熱
秩父蒸留所 見学編 第1弾
秩父蒸留所 見学編 第2弾
秩父蒸留所 見学 第3弾 試飲編
秩父蒸留所 見学 番外編 「秩父菊水酒造」

工房ゆんたく facebook
工房ゆんたく Twitter

ブログランキングへ参加しています。
1日1回、クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

埼玉県小川町~秩父市の酒蔵 2 [埼玉の旅2017]

秩父の酒蔵、肥土酒造本家から秩父菊水酒造の「秩父小次郎」

埼玉県秩父市に「龍勢」(手作りロケット)を打ち上げるやぐらと椋神社があります。龍勢会館を目指して車で走っていくと、途中の坂道からあのやぐらが見えてきました。龍勢会館には打ち上げられる龍勢の作り方や実際に使われた龍勢があり、とても詳しく知ることができました。会館に併設された建物には「井上伝蔵邸」がありました。ここで初めて「秩父事件」について学ぶことができました。会館を出てから椋神社に行きました。椋神社の大きな鳥居の向こうに山が見え、やぐらを見ることができました。椋神社秋の例大祭で口上が述べられる場所には、大きな2本の木がありました。この日は訪れる人もなく、静かな神社をゆっくり見て回りました。明治17年(1884年)11月1日、日本近代史上最大の農民蜂起の始まりの場所は、今も美しく、しっかりと守られていました。

この椋神社から少し歩いて行くと、酒蔵の煙突が見えました。近くまで行くと「秩父小次郎」と書かれた煙突。杉玉がつるされた店はとても歴史のある酒蔵でした。
秩父菊水酒造の創業は平成15年ですが、380年の歴史を持つ肥土(あくと)酒造本家を引き継いでいる蔵です。
肥土酒造本家は、寛永2年(1625年)創業の歴史のある蔵です。「晴菊」という銘柄で酒造りをしていたそうです。昭和30年代に東亜酒造と統合し、現在は秩父菊水酒造に引き継がれています。

秩父菊水酒造/秩父小次郎と書かれた煙突
「秩父小次郎」と書かれた煙突

秩父菊水酒造
秩父菊水酒造

純米酒と純米生原酒を、買って帰りました。純米生原酒は、クーラーボックスに入れて大切に持ち帰りました。 純米酒は、熟成酒のような酸味を感じる酒でした。その酸味が旨味に感じました。ぬる燗も試していましたが、より旨味を強く感じました。ぬる燗もお奨めです。
純米生原酒は、火入れしていない生酒ですが、フレッシュさよりも熟成感を感じました。米の旨味、風味を強く感じる旨口の酒です。

秩父菊水酒造/秩父小次郎
「秩父小次郎」純米酒と純米生原酒

工房ゆんたく facebook
工房ゆんたく Twitter

ブログランキングへ参加しています。
1日1回、クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

埼玉県小川町~秩父市の酒蔵 1 [埼玉の旅2017]

小川町の酒蔵 晴雲酒造

この町にある晴雲酒造は、1902年に創業されました。建物一階が仕込み蔵になっていて、その2階は酒蔵資料館がありました。木の階段を上っていくと、酒造りの古い道具が並んでいました。建物のすぐ横には「玉の井戸」と書かれた井戸があり、この井戸から湧き出る水は仕込み水として、酒造りに使われています。
「純米吟醸原酒 無為」を買って帰りました。「無為:自然のままに任せて、手を加えないこと」名前の通り濾過も割水も行っていない無濾過原酒です。今回は、火入れしたものを購入しましたが、火入れをしていない無濾過生原酒も売られていました。旅の間持ち歩かなくてはいけないので、無濾過生原酒はあきらめました。
晴雲酒造は、地元の米にこだわって醸している蔵です。「無為」も地元産の酒造好適米「さけ武蔵」「彩のかがやき」を使用しています。

晴雲酒造「無為」
晴雲酒造「無為」

「無為」は柔らかな甘みを感じ、日本酒本来の旨味、香りが楽しめる、旨口の酒でした。

工房ゆんたく facebook
工房ゆんたく Twitter

ブログランキングへ参加しています。
1日1回、クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

エビネラン2017 3 [エビネ]

満開のエビネ
満開のエビネ

ドキドキの株分け方から7ヶ月、満開のエビネになりました。

工房ゆんたく facebook
工房ゆんたく Twitter

ブログランキングへ参加しています。
1日1回、クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


エビネラン2017 2 [エビネ]

エビネランの蕾
沢山の蕾を付けたエビネ

気温が上がっても翌日にはまた冷たい雨が降り出したり、強い風が吹いたりと、外の植物は毎日大変なのだと感じます。エビネが何とか無事に今年も花を咲かせて欲しいと願っていました。 4月に入ってから茎もしっかり太くなり2週間ほど前、蕾が沢山付いてきました。

工房ゆんたく facebook
工房ゆんたく Twitter

ブログランキングへ参加しています。
1日1回、クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


エビネラン2017 1 [エビネ]

エビネラン
株分けして花芽を付けたエビネ

昨年の秋にエビネの株分けをしました。本を見ながら、大きくなった株を掘り出しては見たものの本当にここを切って良いのか、これであっているのかと内心どきどきしながら5株に分けました。肥料や腐葉土を混ぜた土を花壇に入れて、またしっかり土に中に埋めました。考えていた以上に新しい芽が付いていて、株分けの時期が遅かったのではないかとずっと心配でした。もしかしたらこのまま腐って、全てのエビネを失ってしまうかもしれないと思いました。
生前母が大切に育てていた黄色のエビネは、私が一番好きな色のものでした。冬が過ぎ、春の温かな日差しが花壇の土を暖め初めたころ、ようやく黄緑色の三角形の頂点のような形が見えてきました。5株全てが新しい花芽を持っていました。

工房ゆんたく facebook
工房ゆんたく Twitter

ブログランキングへ参加しています。
1日1回、クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


リングキーホルダー、販売しています [作品販売]

手作り革製のリングキーホルダー

手作り革製のリングキーホルダーです。図案はザトウクジラ、イルカ、マッコウクジラ、タツノオトシゴ、仲良し猫、しだれ桜、ミニマッコウがあります。表革、裏革とも、独特のシボがあり、軽くて丈夫なゴート(山羊の革)を使用しました。

工房ゆんたく facebook
工房ゆんたく Twitter

ブログランキングへ参加しています。
クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


携帯アクセサリー(携帯ストラップ)、販売しています [作品販売]

手作り革製の携帯アクセサリー(携帯ストラップ)

手作り革製の携帯アクセサリー(携帯ストラップ)です。図案はザトウクジラ、イルカ、マッコウクジラ、タツノオトシゴ、仲良し猫、しだれ桜、ミニマッコウがあります。表革、裏革とも、独特のシボがあり、軽くて丈夫なゴート(山羊の革)を使用しました。

工房ゆんたく facebook
工房ゆんたく Twitter

ブログランキングへ参加しています。
クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


イルカの長財布、販売再開 [作品販売]

イルカの長財布

しばらく在庫切れになっていた、イルカの長財布を販売再開しました。
イルカをデザインした、手造り革製の長財布です。図案は、イルカ3頭。親子が一緒にいるイメージで配置してみました。表革は、ゴート(山羊の革)を使用し、手縫いで仕上げています。山羊の革は、美しい独特のシボがあり仕上がりが柔らかく、とても使いやすい革です。

工房ゆんたく facebook
工房ゆんたく Twitter

ブログランキングへ参加しています。
クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく


ザトウクジラの長財布、販売再開 [作品販売]

ザトウクジラの長財布

しばらく在庫切れになっていた、ザトウクジラの長財布を販売再開しました。
ザトウクジラをデザインした、手造り革製の長財布です。図案は、ザトウクジラ2頭。親子が一緒にいるイメージで配置してみました。表革は、ゴート(山羊の革)を使用し、手縫いで仕上げています。山羊の革は、美しい独特のシボがあり仕上がりが柔らかく、とても使いやすい革です。

工房ゆんたく facebook
工房ゆんたく Twitter

ブログランキングへ参加しています。
クリックして投票を、お願いいたします。
人気ブログランキングへ

投稿者:ゆんたく